【GE3】クラス認定試験15~34の攻略解説!

スポンサーリンク

【2019/10/09更新】GOD EATER 3のアップデートで追加された「クラス認定試験(クラス認定ミッション)」について、特に難易度が上昇する15以降の攻略を解説していきます!

アップデートだー!!

やっと来た!!GE3のアップデート!
今回のアップデートはかなり良いです。
中でも、捕食にかかる時間の減少がかなり大きく、
かなりストレスが軽減されました。

そして、クラス認定試験の実装!
個人的には10個くらいかなぁと思っていたのですが、
予想を超えて30個もありました!(2019/10/09で34個!)
やりがいがありますね。

というわけで今回は、
クラス認定試験全般のコツと、
特に難しくなるであろう15以降の試験について、
概要と、躓いた場所、攻略のコツについて
自分なりに解説していきます。

注意

注意として、今回は、
私がフリークラス(NPCを連れていけるモード)を34
ソロクラスを34までクリアした経験

に基づいて説明します。
また、私のミスで、
情報が間違っている可能性があります。ご了承ください

目次

今回、少し内容量が多くなるので、目次を付けます。
見たい場所に飛べるようにしてますので、
気になるところを見ていってください。

では参ります。

 

「クラス認定試験」全般のコツ

ここでは、「クラス認定試験(クラス認定ミッション)」全般で言える
コツを紹介します。

装備の+値は絶対に振る

これは安定攻略にもつながる話です。
+値は極力最大(+30、update後は35)にしましょう。

+値を振ることで

  • 部位破壊が速くなる
    • 攻撃(または回復)の隙ができる
  • 被ダメ減少
    • 特に最後のほうは1撃ノックダウンがあり得る
  • 戦闘時間短縮
    • 小型アラガミとの戦闘は割と時間との戦いになりがちです

が望めます。

 

各属性武器を揃える

各属性の最強武器をそろえましょう。
攻略速度や安定性に直結します。

自分の好きな武器種だけで大丈夫です。
弱点属性を突けるだけでダメージ量が変わります。
+値にもよりますが、基本は弱点属性を突きましょう。
もし大変な場合は、無属性最強武器(+30)を1個作りましょう。
それで何とかなります。

また、
銃身は、無属性最強を準備するのが楽です。
なぜなら、弾の属性である程度カバーできるためです。

更に言うと
カスタムバレットはぜひ有効活用しましょう。
個人的なおすすめは4106です。
詳しい内容や理由は、以下の記事に書いています。

高コスパなおすすめカスタムバレットを紹介!

 

ホールドがお勧め

これはGE3の攻略全般に言えることですが、
武器などに付けるスキルは、まずホールドがお勧めです。

敵に隙を作るという意味でとても有用です。
感覚としては、付けるスキルを迷ったならホールドって感じです。
フリークラス(NPCを連れていくモード)では、
NPCのスキルにもホールドをつけるとなおよいです。
ほかのミッションでも腐ることはまずありません。

 

討伐対象を確認する事

一部のクラス認定試験では、
複数のアラガミが出現するが、討伐対象はそのうちの数体のみ
ということがあります。

そのため、
どの敵を倒せばクリアなのか
を確認しましょう。
時間短縮につながります。

(特に31以降)体力は150必須or属性盾

特に31以降の敵は、ダメージ量が半端ないです。
バックラー使いであれば体力150は必須。
タワーシールドでもそれだけあったほうが良いと思います。

余裕がある方は、各属性最強盾を準備しましょう。
但し、+35を振る必要があるので、少し現実味が薄いです。

まじ31とか冗談じゃない。hp100だったら、
(無属性バックラー最強&+35振りでも)一部攻撃が一撃必殺だった。

クラス15-30の敵、報酬概要

クラス15-30の敵と、報酬の概要を記載します。
報酬に関しては、もらえる設計データを記載します。

クラス討伐対象討伐対象の弱点属性報酬
15大量の小型アラガミ気にする必要なし
16キュウビor
17マルデューク
18バルバルス
クロムガウェイン
カリギュラ
DST 20mm
(ダイブ消費ST軽減)
19アヌビス
20アメン・ラーベンヌ武器
21ハンニバルor
22ネヴァン
ハバキリ
ヌアザ
JGC 19mm
(ジャストガードでバーストゲージ回復)
23ハンニバル
24アヌビス
クロムガウェイン
雷(クロムガウェイン)
神(アヌビス)
25ディアウス・ピターDST 22mm
(ダイブ消費ST軽減)
26ヴァジュラx2
バルムンク
27カリギュラ
ハバキリ
キュウビ
JGC 21mm
(ジャストガードでバーストゲージ回復)
28サリエル
グウゾウ
ラー
氷(サリエル,ラー)
神(グウゾウ)
29ドローミーMPW 22mm
(HPとOP最大時に近接攻撃力上昇)
30アメン・ラー

31以降については後日追記します。

 

個人的に躓いた場所の攻略

ここでは、私がちょっと大変だなと感じたミッションについて、
解説や攻略を記載していきます。

 

 

クラス15

大量の小型アラガミが2回出現します。
そして一番ストレスだったのは、コクーンメイデンの攻撃です。

攻略
先にコクーンメイデン(遠距離攻撃型の敵)を始末しましょう。
そうすると、動き回る必要が少なくなり、楽です。

 

クラス17

多くの小型アラガミの中にマルデュークがいます。
マルデュークはアラガミを引き寄せるため、
特に序盤が厄介です。

攻略
マルデュークに見つかる前に
最初の1,2分くらいで、小型アラガミを少し始末しておきましょう。
そうするとかなり楽に戦えます

 

クラス20

ここで初の「アメン・ラー」が登場します。
普通のラーとは少し動きが違います。


黒い

捕食攻撃は2回に分けて行われます。
最初の1回をジャストガードしても、2回目が来るので厄介です。
(2回目がジャストガード可能かどうかは未検証)
一回目はラーの捕食と同じ

ジャストガードで防げます

がしかし、2回目があるんだな!横に広く、かなりの速さで追尾するため、純粋な回避は難しい(この後喰われました)

また、一部の攻撃が強化されています。

ゆっくり動く(追尾する?)弾は4発撃ってきます

攻略
捕食攻撃は全力で距離をとるか、敵の背中を取りましょう。
攻撃は複雑ではないので、落ち着いてガードすれば対処可能です。

 

クラス23

アラガミを呼び寄せるハンニバルのほかに
倒す必要のない中型アラガミがいます。
また、途中で倒す必要のない中型アラガミが追加で来るため、
非常に厄介です。
追加で中型種が乱入してくるの図

攻略
乱戦を避け、スタングレネードなどでうまく敵を分断する。
少し遠くに移動し、自分を狙うアラガミから先に始末すると良い。
(フリークラスの場合はNPCに擦り付ける)

 

クラス24

ここにきて、討伐対象の弱点が統一されてないミッションが来ました。
武器選択に悩む。
先にクロムガウェインがいて、
交戦してるとアヌビスが出現する流れです。

攻略
自分が倒しやすいと思う敵の弱点属性を銃の属性弾で補い、
倒しにくい敵の弱点属性を武器で突きましょう。
アヌビスの出現位置的に、素早く倒せば乱戦にはなりません。

 

クラス28

ランク24と同様に、弱点が一致していないパターンです。
最初にサリエリとグウゾウがエリア内に居て、
倒した後でラーが出てくる流れです。
グウゾウを神4106で蹂躙しているの図。神4106についてはこちらで紹介しています

攻略
武器は氷属性、銃身(弾)は神属性にして、
先にグウゾウを始末しましょう。
そうすれば、あとは氷属性が突き刺さる敵のみになります。
神属性のカスタムバレットも活用しましょう。

 

クラス29

なぜか常にバーストしているドローミです。
バースト状態のためか、攻撃を受けるとかなりのダメージ量になります。
足元から氷柱(?)が出てくる攻撃が個人的に厄介。

攻略
攻撃を受けなければどうということはない。
回避やガードをちゃんとする。
なんなら、捕食攻撃をしてこないので、逆に楽というとらえ方もできる。

 

クラス30

再度「アメン・ラー」の登場です。
今回は、ランク20の時に加えて、敵が分身の術を使います。
この後、紫の弾が分身体になる

分身した2体。どちらが本物?

また、1撃のダメージ量が多く、
例え無属性最強のバックラー(+値30)でも、
hp8割ほど持っていかれることがあります。
捕食攻撃を受けたときの図。hp100%持っていかれました

攻略
お腹の玉が黒い方(分身)を先に倒す。
ジャストガードを狙わないならシールドやタワーシールド推奨。
(被ダメ軽減という点において)OP回復アイテムを利用して、銃形態での戦闘も有効。
バックラーだと1撃ダウンの可能性がある。
落ち着いてちゃんとガードすれば、時間はかかるが倒せる。

クラス31

やばい。(バックラーの場合)一撃必殺技が来ます。
あの「鶏が地面をつつくかのような連続攻撃」は、hp100以上持っていかれます。

20回以上再挑戦しました。ふざけるんじゃないよ!
31以降をクリアするためにバックラーを新調しました。
体力lv10にして、体力値を150にしました。それでもきつい。

攻略
攻略ですが、あの「鶏が地面をつつくかのような連続攻撃」以外はジャストガードがしやすいです。
又、攻撃後の隙が大きい気がしています。
そのため、
敵との距離をとる(=「(略)攻撃を出させない)
ジャストガードを狙う。その後捕食の流れがテンプレ。
無理に攻撃しようとしない。
事を意識しましょう。

どこかのタイミングまでの間に(例: 「アラガミ、かなり弱まっています!」まで等)
耐久値を失った(=hp0に1回なった)場合はやり直し
みたいな基準を設けると、多少緊張感が出て、
クリアしやすいかもしれません。

クラス32

猿とキュウビ、小型アラガミが出てきます。
猿は弱いです。小型アラガミは邪魔です。
キュウビは攻撃力が尋常じゃないです。
そして、討伐対象は猿だけです。

キュウビの攻撃は一撃必殺級ですがしかし、言ってしまえばそれだけです。
クラス31ほどのインパクトはありません。

攻略
攻略ですが、本当におさるさんは体力も低めみたいです。
全力でおさるさんを狙いに行きましょう。
また、アイテム縛りをしていない方は、積極的にフラッシュバンを使用しましょう。
一時的とはいえ、落ち着いて処理できます。
お勧めは、開始直後に小型アラガミを捕食だけする->おさるさんを小型アラガミごと殴る
->フラッシュバン->おさるさん捕食->おさるさん殴る…
の流れです。勿論多少逃げ回ります。

クラス33

2体出てきます。厄介なのは、
1体目が弱体化した段階で2体目が出てくる点
2体目の攻撃力が超高い点
です。

ですが、クラス31、クラス32を突破したあなたなら大丈夫。
このあたりは「速度」や「効率」より、
「ミッションクリア」が重視されることを身をもって知ったかと思います。
「クリア」をしましょう。

攻略
攻略ですが、2体目が出てくるまで、カスタムバレットは温存しておきます。
2体目が出た時点で、カスタムバレットを全力で叩き込み、
一気に倒しましょう。
運が良ければカスタムバレット&多少の攻撃で1体目は撃破可能です。
また、攻撃武器を2体目の弱点に合わせておくとよいです。
2体目は攻撃力が尋常じゃないので、長期戦をすると精神的に不利です。
地中に潜られるとジャストガードが難しいため、
変にジャストガードを狙わず、ダメージ軽減目的でシールドを使用しましょう。

クラス34

3体出てきます。3体とも捕食してくる敵ですが、
ここまで来た方なら大丈夫。クリアできます。

攻略
攻略ですが、私の考えを存分に乗せた方法を記載します。
1体目(ヌァザ)で耐久値を失った(=hp0に1回なった)場合はリタイアしましょう。
その状態に未来はないと思ったほうが無難、というか気分が楽です。
あくまで個人の意見ですが、ヌァザの捕食をジャストガードできないのであれば、
それ以降の敵の捕食攻撃もジャストガードできる可能性は低いです。
まずはヌァザを完封できるくらいに上達しましょう。
また、武器の属性は、ヌァザ以外の敵に合わせましょう。
個人的にはドローミーに合わせたいですね。
カスタムバレットは2体目に使うとよいです。
ヌァザとドローミーは斬撃が良く通りますが、
バルムンク(だっけ? 2体目)はあまり通らない印象です。

後は気合です。何度も挑戦しましょう。

まとめ

GOD EATER 3の新ミッション「クラス認定試験」の
15-34についての概要と、一部の攻略やコツについてまとめました。

やることがあるとやっぱり楽しいですね。
今回出てきたアラガミで、新しい武器も追加されましたし、
性能も気になるところです。

まだ私は、NPC参加可能のフリークラスしかクリアできてないので、
次はソロクラスに挑戦したいと思います。

20191009更新
ソロクラスすべてクリアしました。
31以降のデータも掲載しますが、

一撃必殺であることや「クリアが目的である」ことを意識すれば、
時間さえかければクリア可能であるとみています。
攻略法を載せているので、参考程度にご覧ください。

コメント

  1. ぬこれお より:

    知ってると思いますが、左が本体です。
    ラーメンの替え玉注文後は炉が紫色の靄が出てる方が本体で無い方がおかわりです。w

タイトルとURLをコピーしました