【ポケモン剣盾】ポケモンの厳選について初心者向けに解説!

スポンサーリンク

ポケモン剣盾における「厳選」とは何か、何を厳選しているのかについて解説します!また、よく攻略サイトで出てくる用語などについても少し説明します。

前置き

ポケモンソード/シールドが盛り上がっている今日この頃。
動画投稿サイトやtwitterで盛り上がる内容の一つに「ポケモンバトル」があり、
他の人とのポケモンバトルに勝つために、「厳選」を行うことが知られています。
ポケモン界ではお馴染みのこの「厳選」について、非常に多くの情報が出ている一方で、
ポケモン初心者の私は、厳選について理解するのにすごく時間がかかりました。

そこで、
私なりに理解した「厳選」とは何かについて、
このページを読めばポケモン初心者でも何をしているのかがわかるよう
自分が理解する目的もかねて説明していきます。

ポケモン剣盾ストーリークリア後の方向けの厳選環境の構築について
気になっている方は、こちらの記事をご覧ください。

【ポケモン剣盾】高効率な厳選/育成環境を準備する流れや手順を紹介!

注意事項

注意事項として、私自身、ポケモン初心者です。

  • 理解不足や間違ったことを言っている場合があります。
  • 変な表現やわかりにくい表現があるかもしれません。
  • 一部ネタバレを含む可能性があります

生温かい目で見ていただければと思います。
ご了承ください。

厳選とは

ポケモンにおける厳選とは、ある1種類のポケモンについて、

「(あなたが思う)最強の能力を持ったポケモンを入手すること」

を指します。
または、その過程のことを表すことがあります。「厳選中」とか。
では、ポケモンの厳選における「能力」とは何を指すのか、説明します。

厳選における「能力」

ある1種類のポケモンが持つ能力はたくさんありますが、
「厳選におけるポケモンの能力」とは主に以下のことを指します。

とくせい(バトル内外で)影響を与える効果
せいかく1匹ごとに割り当てられる、ステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…等)の伸びやすさ
個体値1匹ごとに割り当てられる、ステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…等)の伸びやすさ

厳選とは、
上述の能力が、(自分が思う)最強になっているポケモンを入手すること
を指します。

せいかくと個体値が同じ説明文ですが、
それぞれがステータスに影響を与えており、
せいかくと個体値の間に関係はありません(独立しています)

例えば、「こうげき」を超高くして、
敵を必ず1撃で倒すようなポケモンを育成したい!と思ったら、
「とくせい」では技のダメージが上がるような特性を選択し、
「せいかく」では、攻撃が伸びやすい性格を選択し、
「個体値」では、攻撃がとても伸びやすい個体値を選択します。

その選択した条件に合致するポケモンを入手すること、
それが「厳選」です。

この3項目について、ひとつづつ説明します。

とくせい

ポケモンの「とくせい」とは、初心者でもある程度分かるかと思いますが、
(バトル内外で)影響を与える効果のことを指します。

全てのポケモンが、1つのとくせいを持っています。

1種類のポケモンにつき、覚えられるとくせいが1個~複数個存在しており、
1匹につき、覚えられるとくせいの中から1つが割り当てられます。

ポケモンの「つよさを見る」で確認可能です。

とくせい

左下に説明があります

厳選では、自分が強いと思ったとくせいを決めて、
そのとくせいを持った個体が生まれるまで厳選を行います

せいかく

ポケモンの「せいかく」とは、
1匹ごとに割り当てられる、ステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…等)の伸びやすさ
のことです。
(伸びやすさとは、強くなりやすさという意味です)

全てのポケモンが、1つのせいかくを持っています。

せいかくは全部で(確か)25種類ほどあり、その大半のせいかくが
「あるステータスは伸びやすいが、別のステータスが伸びにくい」
となっています。

ポケモンの「つよさを見る」で確認可能です。
また、「つよさを見る」で、ステータスの文字色が変わっていることがありますが、
それが、せいかくによる「伸びやすさ/伸びにくさ」になります。

赤色が伸びやすいステータス
青色が伸びにくいステータス
です。

せいかく

とくこうが良く育ち、とくぼうが育ちにくい

せいかく

せいかくは左上に書いてある

厳選では、自分が強いと思ったせいかくを決めて、
そのせいかくを持った個体が生まれるまで厳選を行います。

個体値

ポケモンの個体値とは、
1匹ごとに割り当てられる、ステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…等)の伸びやすさ
を指します。
(伸びやすさとは、強くなりやすさという意味です)

個体値という表現は、公式ではないかもしれませんが、
ここでは個体値と呼ぶことにします。

個体値は、各ステータス(6種類)毎に、6段階存在し、
上から順にそのステータスが伸びやすい(=強い)ことを示します。

さいこう
すばらしい
すごくいい
かなりいい
まあまあ
ダメかも

となっています。

正確な個体値を確認するには、
ストーリークリア&バトルタワーでモンスターボール級に昇格
が必要です。

こたいち

ボックスで確認可能になる

厳選では、自分が強いと思った個体値を決めて、
その個体値を持った個体が生まれるまで厳選を行います。

よく出そうな疑問

ここでは、私が実際に疑問に思ったことをいくつか、小ネタとして紹介します。

夢特性とは

夢特性とは、特性の一つで、
そのポケモンを特殊な状況で確保した際に持っている、
通常では覚えていない特性のことを指します。

今作では、ワイルドエリアでマックスレイドバトルで登場したポケモンをゲットすると、
まれにそのポケモンが夢特性を持っているようです。

夢特性を持ったポケモンは貴重ですが、
夢特性を親にして、卵を産ませた際は、子に夢特性が遺伝する可能性があるようです。
(オスが夢特性でメスが通常の特性である場合を除く)

メタモンを持っている場合は、相方を夢特性持ちにしておけば遺伝するので、
1体夢特性持ちのポケモンを持っておくと便利かもしれません。

H/A/B/C/D/Sについて

よくある表現として、この英数字が挙げられます。
これはステータスの略称です。ステータスの説明でよく出てきます。

H体力
A攻撃
B防御
C特攻
D特防
S素早さ

Vとは/Vの由来

Vとは、主に個体値で用いられる表現で、
6段階ある個体値のうち、「さいこう」のことをVと言います。

6種類あるステータスの内、4種類が「さいこう」であれば、4Vという表現になります。
6Vと言われたときは、すべてのステータスの個体値が「さいこう」ということです。

A抜け5Vみたいな表現だと、
攻撃以外のステータスの個体値が「さいこう」ということです。

また、「ダメかも」のことを逆Vと言うことがあります。
これは、一部のポケモンにおいて「ダメかも」が求められる場合があるためです。

ちなみにVの由来ですが、
過去のポケモンでは、(今作では知りませんが…)
個体値は、内部で0-31の32段階評価だったらしく、
32進数における31はV、だから個体値「さいこう」はVという表現をされているようです。

種族値/族とは

種族値とは、その種類のポケモンが持つ、ステータスの基本値のことです。

厳選においては、予めポケモンを1種類に決定するため、
種族値を考える必要がありません。
この値が使われるのは、厳選したいポケモンを決めるときや、
ポケモンバトルをする際です。

例えば、相手のポケモンと自分のポケモンの種族値を比較すれば、
そのポケモンの弱点や、どちらが早く行動可能かを(あくまで)簡易的に予測できます。

ちなみに「600族」「400族」という表現は種族値によるもので、
6種類あるステータスの種族値の合計が600を超えると「600族」
「400族」なら、そのポケモンの種族値の合計が400台であるという意味です。

ざっくりと、そのポケモンの強さを図る指標になります。

努力値とは

よく聞く努力値とは、個体値やせいかくと同様に、
1匹ごとに割り当てられる、ステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…等)の伸びやすさ
を指します。

個体値やせいかくとは違い、
プレイヤーがいつでも(お金/労力を掛ければ)編集可能である点が特徴です。

プレイヤーがいつでも編集できるため、厳選では考慮されていません。
というか、この「努力値振り」は、厳選後の作業になります。

具体的に説明するとややこしいので、簡単に説明しますが、
6種類あるステータスの内、2種類を選んで強化することができる
と捉えてください。

ポケモンの「つよさを見る」で確認可能です。
青色グラフが努力値で、キラキラしてる2種類のステータスが、
「努力値を限界まで上げた証」になります。

にゃーす

より詳しく知りたい方は、大手攻略サイトで調べることをお勧めします。

まとめ

ポケモンでよく言われる厳選とは、

ある1種類のポケモンについて
とくせい、せいかく、個体値が、(自分の思う)最強の個体を入手すること
を指します。

また、攻略サイトで使われる表現や意味について少し解説しました。

要するに
ある1種類のポケモンのステータス(HP,こうげき,ぼうぎょ…)を決める要素は

  • 種族値
  • せいかく
  • 個体値
  • 努力値

の4つがあり、うち2つを厳選します。
残り二つは固定値or後からいくらでも変更可能だからです。
ステータス以外の要素としては、

  • 覚えている技
  • とくせい
  • タイプ
  • 等々…

があり、とくせいを厳選する、ということです。
(まれに技も厳選みたいな作業をします)

ここでは、理解のための表現紹介や説明でしたが、
厳選/育成環境構築の流れを知りたい方は、
こちらの記事をご覧ください。

【ポケモン剣盾】高効率な厳選/育成環境を準備する流れや手順を紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました